FX 比較は主要通貨でする

FX 比較といっても、対象がたくさんあるので、どう比較すればよいのかわかりにくいです。そこでおすすめなのが、FX 比較を主要通貨でする方法です。主要通貨は、取引量が多く、流動性も高いので、比較的価格が安定しています。

主要通貨に該当するのが、円、ドル、ユーロ、ポンド、豪ドルあたりの通貨だといえるでしょう。人によって、解釈が異なってきますが、これらの通貨は、比較的価格が安定している通貨だといえます。中でも、ドルと円に関しては、非常に価格が安定していて、新興国の通貨などに比べると、価格差による利益を得にくい代わりに、大きな損失になりにくいというメリットも持っています。

これらの主要通貨に限定して比較すれば、スプレッド比較などをしやすいと思われますので、全ての通貨に気を配るのではなく、円やドルを中心に、主要通貨の条件について比較していくとよいでしょう。主要通貨でまともな取引ができなければ、為替相場で生き残っていくのは難しくなりますので、FXをするなら主要通貨を意識しましょう。また、ドルと円の取引は、日本人にとって基本中の基本といえる取引なので、このペアの相場は常に確認しておきたいところだといえます。